瀬川陣市のアナログ ホビーライフ

フィルムカメラ、レコード、カセット、切手収集、BCL、アマチュア無線など昭和の時代に人気のあったアナログホビーを再び熱く楽しむブログ。

オランダ人の映画監督、レナード・レーテル・ヘルムリッヒ監督がデザインしたものを商品化したものがオービット。

手持ちで動画撮影するとカメラが動いてしまうものをメカニカルジンバル式で振動を吸収するシステム。両手でハンドルを持って撮影します。相当激しい動きでもブレを吸収できるようになっている模様。



イベント時にブースでデモをしていたものを動画で撮ってきました。





最近、映画「男はつらいよ」が若い人を中心にリバイバルブームだそうです。

寅さんのふるさとといえば、東京柴又。いつ行っても同じ顔で迎えてくれる東京の田舎といったところでしょうか。

寅さんに出てくるシーンをイメージして撮影した映像をフラッシュ的に編集してみました。







アクションカメラとして絶大な人気を得ているGoPro用の電動で駆動するスタビライザー、「GoProジンバル」。

イベントにて展示されていたものをデモとして動かしてもらい動画に撮りました。

電動式なので左右前後の傾きを検地してレンズ面を水平にキープ。歩きながらまた動きのあるものを追尾して撮影するときなど撮影用途はたくさんありそう。

そしてロボットを彷彿とさせる機械的な動きもまた男心をくすぐり、一度は使ってみたいと食いついてしまったグッズです。

定価は29000円とのこと。近日発売予定。







オリンパスtg-3

オリンパスの防水デジカメ、TG-3 Tough。防水タイプのデジカメのフラッグシップ機の新製品です。

このTG-3に搭載されている顕微鏡モードがなかなかすごい。最短撮影距離が1センチでそこからさらにズームで無よることが出来るので、まさに顕微鏡でのぞいている画像を写真に撮れます。

これだけ近距離で撮影するとカメラが影を作ってしまうのですが、別売りのLEDライトガイドを取り付けることで被写体を照らせます。


顕微鏡モードでの撮影シーンを動画で撮ったのでご覧ください。





OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-3 Tough ブラック 1600万画素CMOS F2.0 15m防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-3 BLK


サッカーワールドカップブラジル大会に出場する日本代表を応援しようと日本サッカー協会がある文京区がピルなどにラッピングするシティドレッシングという手法で盛り上げています。

大きなザックを中心とした日本代表のこの写真、ニュースなどで見たことあるかもしれません。


日本代表

実際に目の前にするとその大きさが実感できます。

このほかにも多くの日本代表を応援するシティドレッシングが飾り付けられています。

その様子を動画にまとめてあるのでこちらでどうぞ。



外国人の日本国内案内のときに役立ちそうな動画を作ってみました。

神社の参拝前に御手洗の作法について。神社は日本の神道を知る身近な観光どころ。ちょっとしたことですが、作法について知りたい外国人も多いかも。




大相撲の観戦ガイド動画。両国国技館をモデルにチケットブースから国技館内の雰囲気、幕内取り組みまでの流れをダイジェストにした動画です。





両国国技館に行くための案内動画。電車に乗って両国に着ければ国技館はすぐです。


maing-1033

そろそろ今年も打ち上げ花火シーズンがやってきます。花火大会に行くとあわててスマホやコンデジを取り出して撮影する方は多いですが、なかなかうまく撮れないことも多いかもしれません。

今年はがっつり本格的に撮ってみたい、というビギナーの方を対象にした講座を開催します。

日時は2014年7月25日金曜日。ちょうど隅田川花火大会の前日です。この翌週には江戸川花火大会など各地で大きな花火大会が開かれます。

ちょうど花火大会直前に撮り方を知っておけばバッチリと撮影できるはず、です。

場所は東京、恵比寿のオールアバウト本社会議室にて行います。

詳細、お申し込みは・・・「シーズン直前!打ち上げ花火撮影 クラス」にてご覧ください。


100均グッズを使ってのレフ板の作り方を動画にまとめました。簡単に自作できるレフ板、ぜひ試してみてください。



東京の夏の訪れを告げる三社祭が2014年は5/16から18日の日程で開催されました。神輿を担ぐ熱気に包まれるこの期間の浅草には外国人観光客も多く、日本文化を肌で感じるにも絶好の機会です。

激しい神輿担ぎの様子はこちら。




その神輿を支える裏方さんたちの風景もまたいいものです。

NHKの番組「突撃!アッとホーム」のロケ中に発見された龍馬の手紙。手紙は本物で書いていある内容がトップクラスの重要なものと鑑定され世紀の大発見ともされました。

この手紙にも書かれてある坂本龍馬が三岡八郎、のちの由利公正と福井で会談した場所も特定されています。その現場風景を動画にしました。




この手紙には三岡と会談したことも書かれており、この莨屋(たばこや)旅館での会ったことが裏付けられたことにもなりました。

この他、坂本龍馬の福井での足跡については、 「坂本龍馬を福井でたどる旅」にまとめてあります。こちらも併せてご覧ください。


↑このページのトップヘ