紅葉シーズンになると写真に撮る機会も増えてきます。紅葉撮影のポイントを何回かに分けてご紹介します。

まず最初は、逆光を利用した紅葉の撮り方。

紅葉は光の当たり方で見え方が大きく変化します。例えば日の当らない場所や曇り空ではこんな感じに写ります。

紅葉の撮り方


色付いたモミジがきれいではあるのですが、いまひとつパッと華やかさが感じられないのは、光の当たり具に原因があります。

太陽光が出ている時を狙い、やや逆光の位置から葉を透かすよう見てみるとこんな感じになります。

紅葉の撮り方


光が透過している部分だけ光って見えます。最初の写真と比べてもその差は歴然です。

この逆光を利用していくつかのパターンで撮影して作例です。

紅葉の撮り方


モミジを光で透過させつつ背景にボケの効果も入れて撮ってみました。

紅葉の撮り方


一枚の葉を大きく画面に取り入れて撮影。インパクトを強めたいときに有効です。ソフトフィルターで全体を柔らかく表現しまとめた一枚です。

逆光を利用してステップアップさせた紅葉の写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

※逆光を利用して撮影するときは、直射日光は見ないように気をつけます。特にファインダー越しで見るときには注意が必要です。