写真を見ている時によく「ボケがいいねぇ」とか「もう少しボカしたい」などということを聞いたことがあるかもしれません。

ここで言われる"ボカす"とはどういうことを指すのでしょうか。

今回のデジカメビギナー講座は、このボカすを簡単に説明してみます。

まず下の写真をご覧ください。

ボケの比較


手前の青い積み木にピントを当ててます。後ろに見える赤い積み木はぼやけてはっきり見えません。

この赤い積み木がぼやけている見える状態を"ボカしている"もしくは"ボケ"と呼ばれる現象です。

それでは、このボケをクリアにしてできるだけ背景を鮮明に見せたらどのようになるのでしょうか。

次の写真をご覧ください。

ボケの比較

上の写真と比較するとはっきり赤い積み木が見えるようになりました。
この状態はボケが薄くなって背景までピントが合うようになりました。

このボケをコントロールするのは、レンズについている絞り。
レンズの絞りは、レンズを通して入ってくる光の量を調節するものです。

この絞りを開くと上の写真のように背景がよりボケます。
言い換えると、ピントの合う幅が短くなったとも言うことができます。
ピントの幅が短いので青い積み木にはピントが合っても赤い積み木まではピントの幅が届いていない状態なのですね。

反対に下の写真のように背景までピントをあわせるためには、レンズのに絞りを小さくします。するとピントの合う幅が広くなり、背景にもピントが合うようになるわけです。

このピントの絞り、一眼レフのレンズなら取り外して確認することができますが、コンパクトデジカメはレンズが一体なので目で確認することが難しいです。

一眼レフのレンズを使い、レンズの絞りの開き具合の違いを撮った動画がありますので、こちらを見て参考にしてください。




このボカすためには、レンズの絞りによって変化するということです。
レンズの絞りは、F4.0などF○○と数字で表します。
数字が小さいほど、絞りが開いていてボケが大きく、数字が大きいほどはポリが小さくボケが少なくなります

ボケはレンズの絞りでコントロールするということをまずは覚えておきましょう!