同じ場所で続けて写真を撮ったのに明るさが違って写ってたという経験をしたことありませんか?

なぜ同じ場所で撮っているのに明るさが違って写るのか、その理由を少し探ってみましょう。

オート露出で撮影する場合、カメラが自動的に適正露出値を設定してくれます。適正露出とは、暗すぎも明るすぎもせずに写る平均的な露出値のこと。

この露出を測るのに、カメラには露出計がついています。この露出計のお陰でシャッターを押すだけできれいな写真が撮れます。

さて、ではこのカメラの露出計はどのようにして光を測るのでしょうか。実はここに明るさが違って写る理由が潜んでいるのです。
カメラの露出計は、レンズを向けた被写体の光の反射率から明るさを読み取ります。

その明るさの読み取る法則は次のようになります。

反射してくる光が多い場合は、明るい場面と判断し光量を減らすようにカメラの露出計は調整します

反対に反射する光が少ないときは、暗い場面と判断して光を多く取り入れるようにします

では、実際に撮影した写真を比較して見てみましょう。

明るさの違い


明るさの違い


上は黒い布地に置かれた白い小物を、下は白い背景に同じ小物を撮ったもの。

上の写真の小物は明るく写っているの対し下では暗く写っています。これは上は全体が黒で暗いために反射率が低くなり、暗い場面と判断され明るく撮る露出値に自動的に設定されたため明るく写った結果。

下は白い背景のために反射率が高く、明るい場面と判断され暗く撮られたわけです。

つまり、同じ場所で撮影しても被写体の色によって明るさが違って写るのです

白いシャツを着た人と黒いシャツを着た人をそれぞれ同じ場所で撮影すると上の比較写真と同様の結果になるはずです。

被写体の色を意識すると写りの明るさが変化するのがわかるようになります。撮りたい写真の明るさをコントロールするのに知っておくと便利な豆知識です。