オリンパスPEN Liteなどのミラーレス一眼の内臓フラッシュを使い、簡単にバウンス撮影する方法があります。

デジカメについているフラッシュを内蔵フラッシュと呼びます。通常の内臓フラッシュは直接被写体に向けて光を発光させます。

PENでバウンス撮影


オリンパスPEN Liteでは通常フラッシュを使用するときは、発光部が上の写真のように飛び出します。

このまま撮影すると被写体に直接フラッシュ光が当たります。直接フラッシュの光を当てると濃い影が写ります。

それを避けるためのテクニックとしてバウンス撮影という方法を使います。バウンス撮影は外付けフラッシュで発光部が可動する機種だけでできる撮影方法なのですが、PENではちょっとした方法で簡単にこのバウンス撮影ができます。その裏ワザは次のような方法で撮影します。
その裏ワザとは、フラッシュの発光部を指で上向きに押さえて撮影させることです。

PENでバウンス撮影


簡単に動くようになっているので、指で押さえるだけでOK。たったこれだけでバウンスフラッシュ撮影が可能になります。

バウンス撮影とは、フラッシュの光を天井などに一度反射させて光を拡散させて被写体を照らして撮影する方法のこと

図解すると下の写真のようになります。

PENでバウンス撮影


フラッシュから発光した光は一度天井にあたり反射して被写体に向かいます。こうすることでフラッシュの光が拡散し、柔らかい光の状態を作り出すことができます。

このバウンス撮影で撮った写真を比較してみると次のようになります。

PENでバウンス撮影


フラッシュから直接被写体に発光させて撮ると上にあるような写りになります。直接フラッシュの強い光が当たっているので、表面に光が当たり影が出ているのがわかります。

これをバウンス撮影してみます。すると・・・

PENでバウンス撮影


このような写りになりました。フラッシュの光を直接当てて撮影したときより、光が全体に広がっているのがわかります。また、フラッシュの光による影も消えました。

バウンス撮影を用いると、光が拡散されるのでこのような直接光を当てたときと比べて、柔らかい雰囲気になって写ります。

通常バウンス撮影をするときは、内臓フラッシュではできないのですが、PENなどの発光部のポップアップさせる組み方によっては指で上向きにさせることができ、それを応用させたのがこの方法です。

バウンス撮影をするときには、反射させるものに色がついているとその色が反射して色かぶりをするので、できるだけ白いものに向けて反射させるとよいでしょう。

また、フラッシュから数メートル以上の距離がある天井ではあまり効果がありません。1メートルから2メートル以内の高さのところに反射させる板などを置いてそれに反射させて撮るようにするとバウンス効果が得られます。

小物の撮影やポートレートの撮影にバウンス撮影はよく使われます。一度お試しください。


デジタル一眼らくらく撮影入門―かんたん・キレイ・自分らしく
デジタル一眼らくらく撮影入門―かんたん・キレイ・自分らしく
クチコミを見る