6月1日は、「写真の日」。1951年に制定されていて以来、今日まで至っています。そもそもなぜ6月1日が「写真の日」になったのか、その理由は次のような理由から。

「写真の日」の日にちの制定は、明治時代の写真に関する記述が発端。明治35年に『東京日の出新聞』に書かれた写真の歴史に関する連載記事では、「天保12年に日本で最初に島津斉彬を写した」という記述と明治40年に書かれた『寺島宗則自伝』に「天保12年に6月1日に島津斉彬を撮影」と言う内容から日本で初めて撮影されたのが6月1日と確認。このことから6月1日が「写真の日」と制定されたという流れ。
だが、後にこの6月1日に最初に写真が撮られたというのは誤りだったことが発覚。すでに6月1日が「写真の日」として定着していたので今日まで続いているとのこと。

ちなみに日本で初めて撮られた写真とは、安政4年(1857年)9月17日に、薩摩藩士らが藩主・島津斉彬を撮影したものとされています。

この島津斉彬を写した写真は現在、鹿児島の尚古集成館が所有。また東京都写真美術館はこの写真の複製を所持していて、古写真に関する展示の際に公開されることがあります。

本当であれば、9月17日であったはずなのに、誤認から制定された6月1日の「写真の日」。しかし、初夏を向える季節の月始めという日付は、活発に写真を撮るシーズンとしては悪くないタイミング。「写真の日」の日にちとしては結果オーライなのかも。

デジカメで気軽に写真を撮れるようになった現在、「写真の日」にはフィルムで撮っていた時代の写真撮影や銀塩カメラを持ち出し改めて写真について考えてみるいい機会かもしれません。