2012年5月21日、いよいよ待ち待った金環日食の観測できる日。この日は場所によっては雲が多かったり、天候がよくなかったりで太陽が見えるか微妙な空模様。

それでもなんとか撮影することがてきました。

まず午前7時前の段階。まだ食が始まったばかりで太陽の面積のほうが多い段階。

金環日食写真



それから30分近くが経ち、太陽の部分が三日月の形になり、金環日食間でもう少し。いよいよリングが見られるという興奮している時間帯。


金環日食写真



さぁいよいよという段階になって雲が覆ってきてしまいました。それでも雲の切れ間から顔を出すのを待つように何枚も撮影して、なんとかリング状に見える金環日食の写真がこちら。


金環日食写真



パーフェクトな状況ではなかったものの、食が進んでいく過程を撮影していて自分も宇宙にいるんだなということを実感できたのがなにより楽しいというか収穫と思えた撮影でした。太陽が月に隠れてだんだん暗くなっていく状況も今までには経験したことがない雰囲気を味わえました。撮り方の手順を先に紹介はしてましたが、実際に撮影してみないとわからないことはたくさんあることもよくわかりました。

天体写真は機材をそろえてセオリー通りに撮影すればだれでも撮れる写真。2012年はまだ天体がイベントが続くので、ぜひトライしてみることをお勧めします。