オランダの芸術家、フロレンティン・ホフマンが 制作した巨大なアヒル、ラバー・ダックが大阪での水都大阪のイベントにまた出演しているというので撮影してきました。

ラバー・ダック

会場に近づくと見えてきました、黄色いボディ!この姿が見えた瞬間からテンションあがる方も多いみたい。


ラバー・ダック


今回の会場は、旧淀川の安治川沿いにある大阪開港の地。川向こうには大阪中央卸売市場が見えます。


ラバー・ダック


とにかくラバー・ダックは人気者。年齢問わず、記念撮影をする人たちがいたるところに。


ラバー・ダック


この瞳と目が合うと誰もが思わずやさしい気持ちになります。アートコンセプトがダイレクトに伝わる作品です。


ラバー・ダック


遠目から見つめられる場所を探してみたり。


つぎのラバー・ダックの現れる場所にぜひ会いに行ってみてください。

ラバー・ダック公式サイト