瀬川陣市のドローン・アクションカメラ ベストガイド

ドローン、空撮テクニックやアクションカメラに関する情報をお届けするウェブマガジン!ビギナーにもわかりやすく役立つ記事や製品レビューを連載。アウトドアでの撮影をバックアップ!

撮影テク

ムービーメーカー使い方動画講座 動画ファイルの取り込み方法

大人のためデジカメ基礎の基礎夏期講習 その2回目

いまさら聞くことができないデジカメの基礎の基礎を夏期講習の2回目です。

今回は、レンズの絞りについてです。

コンデジなどでいつもオート撮影だけしている場合は、レンズに絞り?一体何のこと?と思うくらい、初めての方には馴染みのない言葉かもしれません。

言葉では聞いたことはなくても、背景がきれいにボケた写真と聞けばイメージはつくでしょう。最近女性ユーザーには特にこの背景ぼかしは人気で、どうやって被写体の後ろをボケさせて撮れますかという質問はよく耳にします。

この背景ぼかしのキーポイントとなるのがこのレンズの絞りです。

カメラのレンズはすべてこの絞るという機能がついてます。この絞りとは画像を記録させるときの光の量をコントロールためにあるもの。

明るい場面では、光が強すぎると真っ白に写ってしまうので、この絞りを絞って光の量を減らします。反対に暗い場面ではできるだけ光を取り込みたいので絞りを開く、そういう役目を担っているわけです。


レンズの絞りは、F2.8というようにFを頭に数字を入れて表記します。これをF値と呼びます。

このF値、数字が小さいほど絞りを開き、反対に数字が大きくなるにつれ絞っていきます。

それぞれのレンズの最も小さい絞り値を開放値と呼び、そのレンズの明るさを示す基準にもなります。開放値F2.8とF3.5のレンズを比べると、F2.8のほうが明るいレンズという言い方をします。

レンズの絞りは光をコントロールするということは理解できたかと思います。さらにこの絞り値にはもうひとつ大きな役目があります。

それは、ピントの合う幅もコントロールするということです。

F値が開放値のときが最もピントの合う幅が短くなります。逆にF値を大きくするほどピントの合う幅が長くなっていきます。

これを具体的に写真を見ながら説明しましょう。

ここに動物園で山羊を撮った写真があります。ピントは山羊に合わせています。

レンズの絞り

この写真を見ると手前にある柵も写っています。ピントを合わせている山羊からこの柵のある範囲までピントの幅が来ているということです。つまりこの写真は、F値を大きくしてピントの合う幅を長くして撮影した写真ということです。

では、この反対にピントの合う幅を短くして撮影したらどうなるでしょうか。F値を開放値に設定して撮影してみます。

レンズの絞り

F値を変えて撮ると、最初写っていた柵がまったく画像には写っていませんね。

これはピントを合わせている山羊からピントが合う幅が短くなったので、柵の部分まではピントが合わずにボケて見えなくなってしまったのが理由なのです。

つまりこれが、ボケの作り方なんですね。この作例は手前の柵がボケましたが、被写体が手前にあり、そこにピントを合わせてF値を開放値に設定すると背景がボケやすくなるということです。

ただし、ボケの効果はレンズサイズ、広角よりも望遠のほうがボケを作りやすいという特徴もあるので、撮影するレンズサイズによってボケ具合は変化します。


レンズの絞り値は、このように撮影する際に大きく二つのことをコントロールできるということです。


金環日食の撮り方

2012年5月21日に本州では173年ぶりとなる金環日食が観測されます。久しぶりの天体ビッグイベントとあって早くから観測用サングラスも書店などで大々的に販売され、その期待度が垣間見られます。

この金環日食を観測するだけでなく、写真に撮ろうと考えている方も少なくいでしょう。しかし、太陽に直接レンズを向けるのは目にもカメラにもよくないこと。そこで、デジタル一眼で金環日食を安全に撮影する方法をご案内しましょう。

■日食撮影にはフィルターが必要

まず太陽を撮るときに必需品になるのが日光撮影用のフィルター。強い太陽の光をファインダーを通して直視することが厳禁ということはわかるかと思いますが、カメラにとってもこれはとても危険な行為。直射日光をカメラのセンサーにレンズを通して浴びせるとセンサーの故障につながりかねません。

太陽に直接レンズを向けるときは、必ずフィルターを用います。

そのフィルターとは、NDフィルターと呼ばれるもの。ただNDフィルターにはいろんな種類のものがあり、太陽光を撮るには、1/100000(10万分の一)まで減光できるフィルターは欲しいところ。


金環日食


上の写真は、1/100000まで光量を絞れる、マルミ 太陽撮影用 NDフィルター DHG ND-100000 58mmというフィルター。


金環日食



使用するレンズの口径に合わせてフィルターを選びます。口径に合わないレンズの場合は、ステップアップリングを使うことで使用することが可能。


■日食撮影はマニュアル設定で


日食を撮影する際は、マニュアルで露出設定をします。マニュアル設定だと難しそうと感じるかもしれませんが、モニター画面を見ながら撮影をしていけば簡単に撮ることができます。


金環日食



設定例としてまず撮影モードをマニュアル(Mモード)に設定します。ISO感度はカメラの最低値に設定。ここでは露出値は、レンズの絞りをF11、シャッタースピードを1/1000と設定しました。


金環日食


カメラのセッティングでは、三脚を使用すると撮りやすくなります。レンズは望遠レンズを使用します。望遠倍率が高くなる分、画面の中に太陽を大きく写すことができます。三脚にカメラを固定し、レリーズシャッターをつければセッティングは完了です。


■露出はシャッタースピードで調整


フィルターを通して太陽にピントを合わせます。マニュアルフォーカスでピントを固定したほうが撮りやすいでしょう。

ピントが合ったら、いよいよ撮影していきます。 


金環日食


上の写真は、露出設定した通りF11、1/1000にて撮影。レンズは35ミリ換算時で600ミリ。

金環日食


最初に撮影した写真より明るく撮影するには、シャッタースピードを変化させて撮ります。シャッタースピードを1/500と最初のものより遅くさせて撮影すると、明るく写ります。状況に応じて、明るさを変化させながら撮影していきます。


以上のようなセッティングと撮影方法で進めていけば、金環日食を撮ることができるはずです。今のうちから余裕を持って準備して、観測日には、バッチリと決まった金環日食の写真を撮ってみてはいかがでしょうか。









梅雨はデジカメをカビから守る季節

これから梅雨の時期になるにつれ、いろんなものにカビが発生するようになります。カビの発生は、デジカメにも及びます。デジカメにカビが生えると聞くと意外に感じる方もいるかもしれませんが保存状態によっては案外簡単に生えてきます。

当然、デジカメにカビが生えてしまうと写り具合などに支障をきたしてしまいます。カビを防ぐにはどうしたらいいかその方法を簡単に説明しましょう。
続きを読む

桜の写真はフィルターモードが効果的

桜が開花し始めて、あちらこちらで桜の花にレンズを向ける光景を目にする季節になりました。せっかく撮る桜の花もこれまでとは一味違ったものにしたいと思う方も少なくないのでは。

そんなときに使える簡単に写真の風合いを変える機能があります。メーカーの機種によって名称は異なりますが、代表的なものがオリンパスのデジカメにあるアートフィルター。

アートフィルターには、6種類ほどのフィルター効果を得られるモードがあり、画質の色合いや雰囲気を変化させることができます。

この中でも桜の花を撮る時にお勧めなのが霧がかったような効果が得られるファンタジックフォーカス。まずはその写りの違いをご覧ください。

続きを読む
livedoor プロフィール
【瀬川陣市】-写真新時代の案内人、フォトライフコンシェルジュ。 オールアバウト写真撮影ガイドも担当。

Facebookページは瀬川陣市-フォトグラファー

著書に「デジカメ撮り方便利帳」「デジタル一眼らくらく撮影入門」など多数。
記事検索
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
QRコード
QRコード
藤本 健 の“DTMステーション”