瀬川陣市のドローン・アクションカメラ ベストガイド

ドローン、空撮テクニックやアクションカメラに関する情報をお届けするウェブマガジン!ビギナーにもわかりやすく役立つ記事や製品レビューを連載。アウトドアでの撮影をバックアップ!

100均グッズ

100均グッズで撮影用レフ板の作り方の動画

100均グッズを使ってのレフ板の作り方を動画にまとめました。簡単に自作できるレフ板、ぜひ試してみてください。



ダイソー製 カメラブロアー

ダイソーの100均商品のプロアー。パッケージから取り出してのレピュー動画。

使用感は十分使えます。これで100円なら何個か買っておきたい。


リコー THETAのストラップを200円で自作する

THETA

360°全天球カメラ「RICOH THETA 」のストラップを百均グッズを使い200円で自作してみます。

「THETA」の基本キットにはストラップは同梱されてませんが、調べてみると純正のRICOH ストラップ用アタッチメントというのが売られています。こちらを使うという方法が正当ですが、使いやすいスタイルにしたいのであえて自作にチャレンジ。

ここで作りたいのは、腕に巻き付けるストラップではなく、クリップで留められるもの。袖口のポケットなどに入れておき、カメラが落ちないようにクリップ留めしておけるような使い方のイメージです。

まず使うのがカメラ用三脚。百均ショップで売られているものです。


THETA


使いたい部品は雲台部分のカメラに取り付けるネジ部分。脚部分から運台を外して、ネジ部分だけを取り出します。


THETA


運台のプラスチック部分はかなり厚みがあるので、ネジ部分だけを取り出すのは少してこずりました。プラスチック部分を壊してネジ部分を取り出します。小さい部品なので作業中に指などを怪我をしないように注意が必要。


THETA


ネジ部分が取り出し、ストラップ部分になる部品として帽子留めの帽子クリップを使います。こちらも百均グッズ。帽子クリップ先の輪をネジ部分の突起部分に入れます。


THETA


ネジ部分をTHETA本体に取り付ければ完成です。

THETA

使用したグッズは、三脚と帽子クリップの2つで百均グッズなので締めて200円。ストラップ部分を他のものに代用すれば使いやすい形にアレンジすることができます。





100均製「液晶保護フィルム」を試してみる

デジタルカメラの液晶画面は、コンデジではファインダー代わりでもありカメラの中の要のパーツ。また液晶画面は、撮影中は常に外にさらしている格好になり、傷がつきやすい場所でもあります。

液晶画面を保護するのに用いるのが、保護用のフィルム。各メーカーから様々なものが発売されています。その中でも最安値であろう100均ショップで販売されている液晶保護フィルを試してみました。

今回使用したのが、こちらの液晶保護フィルム。ダイソーで購入しました。パッケージには「日本製」と大きく書かれてあり、国産であることを強調しています。

この商品、100円でありながらなんと2枚入りです。貼りかえ用スペア分もついてきてこの値段は安いと言えます。

液晶保護フィルム
続きを読む

100均グッズを使ってクリスマスカードを撮る方法

クリスマスまでのカウントダウンが始まりました。クリスマスカードが至るところで売られていますが、今年はデジカメでクリスマスカード用の写真を撮って贈ってみませんか?

しかも出来るだけコストをかけず、100均グッズを使って演出する方法をご紹介しましょう。

画像の主役となるサンタなどは、100均にこだわらずお気に入りのものや納得できるものを揃えてもらってもよいです。クリスマス画像の"顔"となるものなので主役だけはこだわりを持っても選んでみてください。

今回、演出用に100均で揃えたものこちらです。色画用紙、綿、オーナメント用カラーボール、クリスマスリーフ。

クリスマスカードを撮る


まず、撮影用にバックスクリーンを作ります。色画用紙から背景となる色の画用紙を選びます。クリスマスに合ったカラーリングがいいでしょう。

そして、画用紙の裏に20センチ程度のついたてを両脇にテープで留めます。ついたてはなにか代用できるもので構いません。写真のように作ります。

クリスマスカードを撮る





続きを読む
livedoor プロフィール
【瀬川陣市】-写真新時代の案内人、フォトライフコンシェルジュ。 オールアバウト写真撮影ガイドも担当。

Facebookページは瀬川陣市-フォトグラファー

著書に「デジカメ撮り方便利帳」「デジタル一眼らくらく撮影入門」など多数。
記事検索
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
QRコード
QRコード
藤本 健 の“DTMステーション”