ニコンDf

ニコンFXフォーマット デジタル一眼レフカメラ、Df。発売から好調な売れ出しらしいです。

実際にDfを手にして最初に感じるのは、「重い」ということ。バッテリー込みでボディの重量は約765グラム。ボディにレンズをつければゆうに1キロは超える、これは重いはず。

そしてDfはダイヤル操作で露出の設定ができるよう、軍艦部にはぎっしりとダイヤルが組み込まれています。見た目は銀塩カメラのボディそのもの。

このボディの作りからもわかるようにDfは銀塩時代からカメラを使うシニア以上をターゲットにしたカメラ。もちろん若い世代が持ってもかっこいいカメラでもあります。

いちいちメニュー画面から入ったり、Fnキーを押したりのデジカメ特有の煩わしい設定はなるべくダイヤル操作でできることを主眼において作っています。

ニコンフラッグシップ機のD4と同じ画質で撮れるFXフォーマット。製造時点では最高画質を撮れる機種なので、写り具合にもこだわるユーザーも文句はないはず。

動画機能はついてません。あくまで写真を撮るだけのカメラです。そんな実直で高価なカメラがある層には求められているということなんですね。

個人的にはFe2を思い出させるカメラかなと感じました。


・ニコンDf公式サイト